翻訳難しい

何となく意味は分るが、ちゃんと翻訳するとなると難しい。具体的には以下の部分で悩む。
1。日本語では使わない単語を使って表現されている時
2。ワンセンテンスに知らん単語がてんこ盛りの時
3。熟語があるのに気付かない時
4。セミコロンとかハイフンとかで文が繫がっていてどれを修飾しているか分らない時

1の場合は直訳すると訳が分からなくなる。2、3については慣れでなんとかなりそう、4についてはかなり苦戦中です。

やりはじめからショックな事が重なってあまりやる気が出ない。が、諦めぬよ。私は!

The 99 Percent Wakes Up 2

著作スティグリッツ、翻訳WISC(あまり自身は無いです。)

何かがおかしい。

若者達がチュニジアとエジプトの独裁制に蜂起したのは理解出来る事だった。彼らは変化を民主主義を通じて求める事が出来なかった。しかし選挙制政治も西洋の民主主義で失敗した。選挙制度に対する失望が広がってきた。2010年のアメリカ選挙の若年投票率は以下を示している。20%と言う受け入れがたいほど低い投票率は、受け入れがたいほど高い失業率に対応している。Barack Obama大統領は「信じる事のできる’変化’」を約束したが、彼の実行した経済政策は、経済的大災害を引き起こしたある政策者のデザインし実行した政策に、殆ど同じだった。チュニジアやエジプトのような国では若者は、社会の他の者を犠牲にして自分の権益を守る、年老いた頭の固い指導者に疲れていた。

両親や、祖父母、教師達と占拠運動に参加した若者達の間には希望の印があった。彼らは革命家でもなければ社会の政策者でもなかった。また、彼らは社会システムを廃止しようとしているわけでもなかった。彼らはもし市民からの強い声があれば、”まだ”選挙制度は正常に働く”かもしれない”と言う考えがあった。彼らは社会システムを変え、政府に政府は民衆に対する責任があると言う事を思い出させるために街を選挙した。

若いスペイン人抗議者達によって選ばれた名前、los indignados、怒り、憤慨すると言う意味、は世界中に広まった。彼らは大いに怒った。アメリカでは「99%」が標語になった。このスローガンを支持する抗議者達は私が2011年初期にVanity Fairに書いた記事の題名、”1%の1%のための1%による”を叫んだ。記事はアメリカでの不平等の莫大なる増加について述べた研究、人口の1%が富の40%を支配し、全ての収入の20%を彼らのために蓄えている、を引用した。他の国では失業や機会の損失、通常の人々が政治や経済から取り残されている事が怒りを引き起こした。エジプトの活動家Jawad Nabulsiは彼の論文の中で、システムがいかに上級層のために固定化されているかを議論し、「公平」と言う言葉をMubarak政権下のエジプトで何がかけているかを示すために繰り返し用いた。

他にも原動力となっていたものがある、不公平感である。チュニジアやエジプト他の中東の国では仕事を手に入れるのが難しいだけでなく、これらの仕事を手に入れるためには政治的な繋がりが必要であった。アメリカではこの事についてはもう少し公平に思えるが、表面的にそのように見えるだけであった。良い学校を良い成績で卒業した人たちは良い仕事を手に入れる機会があった。しかしシステム的に問題がある。なぜなら裕福な親達は子供を良い幼稚園に送り、良い小学校、中学校に送り良い高校に送る。これらの生徒は良い大学へ入るための大きな機会を獲得する事が出来る。上位大学の出身者の殆どの親の収入は上位25%に所属する。一方下位50%の子供達は散々たる結果である。良い仕事を得るためには良い経験が必要になる、良い経験を得るためには良いインターンシップが必要になる。良いインターンシップを得るためにはコネクションと収入が無くても良いような資産が必要になる。

Something Is Wrong

That the young people would rise up in the dictatorships of Tunisia and Egypt was understandable. They had no opportunities to call for change through democratic processes. But electoral politics had also failed in Western democracies. There was increasing disillusionment with the political process. Youth participation in the 2010 U.S. election was telling: an unacceptably low voter turnout of 20 percent that was commensurate with the unacceptably high unemployment rate. President Barack Obama had promised “change we can believe in,” but he had delivered economic policies that seemed like more of the same—designed and implemented by some of the same individuals who were the architects of the economic calamity. In countries like Tunisia and Egypt, the youth were tired of aging, sclerotic leaders who protected their own interests at the expense of the rest of society.

And yet, there were, in these youthful protesters of the Occupy Movement—joined by their parents, grandparents, and teachers—signs of hope. The protesters were not revolutionaries or anarchists. They were not trying to overthrow the system. They still had the belief that the electoral process might work, if only there was a strong enough voice from the street. The protesters took to the street in order to push the system to change, to remind governments that they are accountable to the people.

The name chosen by the young Spanish protesters—los indignados, the indignant or outraged—encapsulated the feelings across the world. They had much to be indignant about. In the United States, the slogan became “the 99 percent.” The protesters who took this slogan echoed the title of an article I wrote for the magazine Vanity Fair in early 2011 that was titled “Of the 1%, for the 1%, and by the 1%.” The article cited studies that described the enormous increase in inequality in the United States—to the point where 1 percent of the population controls some 40 percent of the wealth and garner for themselves some 20 percent of all the income. In other countries, the lack of opportunities and jobs and the feeling that ordinary people were excluded from the economic and political system caused the feeling of outrage. In his essay, Egyptian activist Jawad Nabulsi discusses how the system was fixed in favor of the upper classes, and he uses the word fairness repeatedly to describe what was lacking in Egypt under Mubarak.

Something else helped give force to the protests: a sense of unfairness. In Tunisia and Egypt and other parts of the Middle East, it wasn’t just that jobs were hard to come by, but those jobs that were available went to the politically connected. In the United States, things seemed more fair, but only superficially so. People who graduated from the best schools with the best grades had a better chance at the good jobs. But the system was stacked because wealthy parents sent their children to the best kindergartens, grade schools, and high schools, and those students had a far better chance of getting into the elite universities. In many of these top schools, the majority of the student body is from the top quartile, while the third and fourth quartiles are very poorly represented. To get good jobs, one needed experience; to get experience, one needed an internship; and to get a good internship, one needed both connections and the financial wherewithal to be able to get along without a source of income.

http://www.thedailybeast.com/articles/2012/05/02/joseph-stiglitz-the-99-percent-wakes-up.html#comments

The 99 Percent Wakes Up 1

『99%が目覚める』

Joseph E. Stiglitz 、翻訳WICS(間違ってても責任とりません、一文分らない所があるので後ほど訂正)

不平等はアメリカを悩ませるだけではなく、アラブの春を引き起こした、なぜなら国際資本主義は破綻しているからだ。「カイロからウォールストリートへ」ー世界の春の意見ー編集:Anya Schiffrin、Eamon Kircher-Allen。ノーベル賞受賞学者Joseph Stiglitzは世界市民はついに暴動を起こし、民衆のための(お金の問題ではなく)民主主義を望んでいる。と述べた。

歴史上、世界中の人々が暴動を起こし、何かがおかしいと感じ、変化を望んだときがある。本当に動乱の時代であった1848年と1968年だ。また2011年も間違いなくそうであろう。多くの国に失業、所得分配、不平等に対して怒りと不幸が広がり、社会システムが不公平どころか崩壊していると言う感覚が蔓延していた。

1848年と1968年は新しい時代の始まりを意味する。2011年もそうかもしれない。近代のグローバル化も役割を果たした。グローバル化は考え方の発展や国境を越えを支援した。若者の蜂起は北アフリカの沿岸国チュニジアで起こり、近隣のエジプトに広まり、中東の国に広まり、スペインとギリシャに広まり、イギリスとUSに広まり、世界中の街に広まった。あるケースでは少なくとも一時的に抗議の火花は収まった。他のケースでは小規模な抗議にも関わらずエジプトのHosni MubarakリビアのMuammar Qaddafiまた他の政府高官を権力の座から引き下ろした。

Joseph Stiglitz: The 99 Percent Wakes Up
by Joseph E. Stiglitz May 2, 2012 5:15 PM EDT

Inequality isn’t only plaguing America—the Arab Spring flowered because international capitalism is broken. In From Cairo to Wall Street: Voices from the Global Spring, edited by Anya Schiffrin and Eamon Kircher-Allen, Nobel laureate Joseph Stiglitz says the world is finally rising up and demanding a democracy where people, not dollars, matter—the best government that money can buy just isn’t good enough.



There are times in history when people all over the world seem to rise up, to say that something is wrong and to ask for change. This was true of the tumultuous years of 1848 and 1968. It was certainly true in 2011. In many countries there was anger and unhappiness about joblessness, income distribution, and inequality and a feeling that the system is unfair and even broken.

Both 1848 and 1968 came to signify the start of a new era. The year 2011 may also. The modern era of globalization also played a role. It helped the ferment and spread of ideas across borders. The youth uprising that began in Tunisia, a little country on the coast of North Africa, spread to nearby Egypt, then to other countries of the Middle East, to Spain and Greece, to the United Kingdom and to Wall Street, and to cities around the world. In some cases, the spark of protest seemed, at least temporarily, quenched. In others, though, small protests precipitated societal upheavals, taking down Egypt’s Hosni Mubarak, Libya’s Muammar Qaddafi, and other governments and government officials.



参照元
http://www.thedailybeast.com/articles/2012/05/02/joseph-stiglitz-the-99-percent-wakes-up.html#comments

TOEICの弱点を克服

TOEICの弱点を克服するために和訳を開始する。スティグリッツの現在の不平等に関する記事を読みまくっていたが知らない単語が2センテンスに1回ぐらいでてきて1記事読むのにも時間がかかってしまう。取りあえずスティグリッツの記事を順番に読んでいく。取りあえず最初は「The 99 Percent Wakes Up」

TOEICの点数がカス過ぎる・・・

この前受けたTOEICだが点数がカス過ぎる・・・Lは430でまあ良いとして、Rが345・・・なんだこれ・・・2年もたってるのに上達するどころか下がってるじゃないか・・・合計点としては45点しかあがらず775点だった

もう笑うしかない。くそおおおお

と悔しがっていても仕方ないので分析するとListeningはそれなりには出来た、問題を先読みしなくても言ってる事に集中すれば大体聞き取れた。8割くらいは聞き取れたと思う。(TOEICの英語は奇麗だから)

問題はReadingだ、18問ぐらい塗り絵した。これはここ数年で最悪の結果。最近はほぼ解き終える事が多かったけど、今回は全然無理だった。寝不足が原因か。それとも実力が下がっているのか。どっちにしろReadingスピードが落ちていた。毎日英文を読んでいるし、英語で仕事をしているのでこれは無いだろう。と思ったが、思ったより読書能力が上がってなかったらしい。

解決策は一つしかないと思う。多読だ。テスト中に分らない単語はほぼ出ない。
Profile

WISC

Author:WISC
楽をするための方法を
常に考えてます。
詳しいプロフィールは
こちら
このサイトは自分の個人的な記録メモです。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.