英語が話せない理由が分かった!

もう英語を本格的にやり始めて5年ぐらい経つわけですが、1年半ほど前から英語が上達しない日々が続いていました。

当初目標にしていたTOEIC730点越えを達成したのと、ある程度外国人とコミュニケーションが取れるようになった事、一年以上勉強しても全く上達しない事が原因で、英語学習に対するモチベーションは下がりっぱなしでした。

しかしこの前あるオッサンに「君若いのに何やってんの?それだけしか英語話せないの?」と言われてムカムカ!っと消えかけていた闘志に炎がつきました。言われてみればやればある程度結果にかえってくる環境が用意されている中でやらないのははっきり言ってもったいない。20代のどれだけ頑張っても派遣と言う非差別状態を抜け出す事のできない時代とは違って今の自分にはやればやっただけ帰ってくる状況が用意されています。よし!やってやろうじゃないかと言う事で何が分からないのか色々考えてみました。

まず現在の自分を把握すると、英字新聞とかはある程度読める、ニュースはある程度分かる、外国人とも話せるが全く通じない外国人も居る、映画とかは全く意味が分からない。

この条件をもとに色々検索した結果、英語の発音には公式の場所やニュースなどで使う「よそ行き発音」と友達同士などで話す「タメ口発音、もしくは、省略発音」と言った2種類の話し方が有るのが分かりました。一般的に日本国内で英語を勉強している日本人は「よそ行き発音」で勉強するのでニュースなどは聞き取る事ができたり、非ネイティブと会話はできたりしますが、映画やネイティブとの会話が非常に難しいらしいのです。

これを紹介しているサイトが有ったので聞いてみたのですが、今まで習って来た発音と全く違って愕然としました。下のリンクを見てもらえれば分かりますが、簡単な文章でも全く聞き取れません。例えば「did she」 は 「d'chee」 あるいは 「chee」 という音になりがちと言う事ですがそんなのは知らなきゃ分からない。変更規則を頭に叩き込むしかないですね。


参考サイト>http://www.namaeigo.com/mini_koza5.html

Comments

Secret

Profile

neetstar

Author:neetstar
楽をするための方法を
常に考えてます。
詳しいプロフィールは
こちら
このサイトは自分の個人的な記録メモです。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.