スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭の良さと女性とビジネスと

時々見ているブログに作業日誌というブログがある。この人はどうやらビルメンテナンスをやっているっぽいのだが結構いい大学をでてるようだ。文章の構成もうまく長い文章なのだが読みやすい。自分がこの長さの文章を書いたら前後がアベコベのわけのわからない文章になるだろうな。

この人の魅力は高学歴ながらビルメンと言うシュールさがいい味を出している。沖仲仕をしながら哲学者をやっていたエリック・ホッファーみたいだ。自分はネットワークエンジニアをやりながらトレジャーハンターになりたい。

この人を見ていて思ったのだが単純に頭の良さが成功の十分条件ではないのだなと思った。ビジネス上成功している人(と言うか男)を見ていると頭がいい人が多いのだがたいていそれに加えて女が居る。

考えてみると男にとって女と関係を築きたいって言うのはほぼ疑い用の無い真理な訳で、俺は硬派だぜ。別に興味ないぜ、と言っていても本当は女といちゃつきたいわけです。若い頃にこの感情を素直に受け止めずに間違った考え方をしてしまうとその間違った考えの上に間違った考えをどんどん構築してしまい自分のようなモテナイ君になる。

女性問題、つまりパートナーをどうやって獲得するか?というのは市場化された結婚市場においては待っていても自動で解決しない非常に重要な問題で、もちろんそこには学術的な論理は存在するけど学校の科目に入っていない。したがって自分で市場のルールを解析し、考え、実行する必要がある。それにはビジネスとの相似点があるのだろう。

スポンサーサイト

コメント

Secret

Profile

neetstar

Author:neetstar
楽をするための方法を
常に考えてます。
詳しいプロフィールは
こちら
このサイトは自分の個人的な記録メモです。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。