IPv6について

IPv6が枯渇するとかなんとか結構前から騒いでいるが意向が進まない理由としてはIPv6のアドレスのことがみんな嫌いなんだろうな。例えば考えてほしい。みんなGOOGLEをよく使うと思う。ブックマークしている場合はいいけど。旅行先でアクセスする場合はhttp://www.google.comと入力する必要がある。少しめんどくさいと感じないか?これぐらいの長さだったらいいけど。これがhttp://www.googleisveryusefulcomparetootherseachenginehowabout
yahoodoyouthinkgoogleisinferiortoyahoodontkidseeoursearch
poweryoucangetwhatyouwanttofindeasyly.com.cnとかだったらどうだろうか?絶対グーグルを使おうとは思わないだろう。いや、俺はほかの検索エンジンからグーグルを辿るっていう人もいるだろう。確かにURLの場合はリンクを辿ればいい。
しかし、IPv6を管理している側の場合はそうはいかない。必ず手入力する必要が出てくるしアドレスが間違ってる場合は自分で探さなければならない。123.45.23.87この簡単なIPv4のアドレスに比べてIPv6のアドレスは2001:0db8:bd05:01d2:288a:1fc0:0001:10eeのようにめっちゃ長い。これを入力しろとか、あっているか確かめろといわれるIPv6を管理する側の身になってほしい。移行する気にはなれないだろう。個人的にはせめてIPv6の半分の長さならなんとかなったんじゃないかなとおもう。2001:0db8:bd05:01d2だったらまだ我慢できる。

Comments

Secret

Profile

WISC

Author:WISC
楽をするための方法を
常に考えてます。
詳しいプロフィールは
こちら
このサイトは自分の個人的な記録メモです。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.