TOEIC学習方法3

【2メンタリティーの管理】

これが案外重要だと思います。
毎日続けていくとなるとしんどいしついついサボりたくなるし嫌な気分にもなる。はまってしまいそうな間違った考えをリスト化します。また、資格取得全般に言われることだと思いますので他の資格でもある程度応用できるかなと思います。

1、「完璧な英語を話せる」=「英語が話せる」とは思わない。
外人は「コンニチワ」「ニンジャ」ぐらいしか話せなくても日本語が話せる事になっています。文法とかスペルミスを気にしすぎるのはやめましょう。多少文法が違っててもいいからどんどん話す。どんどん使う。そうすると結果的に英語を使うのが楽しくなります。

2、いっきにやろうとはしない
TOEIC700をほとんど英語が出来ないところからとろうとすると1000時間はかかります。一日3時間やっても大体1年かかります。一気にしようとすると計画通り行かずプライドが傷ついて挫折してしまう事もしばしば。目標のTOEICスコアに応じた学習計画を立てた方がいいと思います。

3、こんなの簡単だぜ。ってのには惑わされない
みんな今までのバックグラウンドも違うので、基礎が出来ている人には簡単だけど基礎の無い人には大変です。特に他の人の言う「こんなの簡単だぜ」には注意しましょう。見当違いな挫折感を味わうことになります。一般的に資格取得者の中には初心者を「こんなの簡単だぜ」発言で威圧する人もいます。これは気にするだけ無駄です。大学や専門や仕事でその資格に関連することを勉強してきた人には簡単かもしれませんがまったくの初心者が勉強するのはそれなりに大変です。

4、英語学習は挫折しても気にしない。
今日から英語を始めようと思っても2~3日で終わってしまう事はないですか?自分は何度もあります。と言うか今もTOEICは受け続けていますが学習計画を立てて3日で挫折って言うのはしょっちゅうです。学習は挫折するものなのです。でも3日で挫折しても、またすぐに学習計画を立てればいいのです。それを計画挫折を20回も繰り返せば結構な学習量になります。

5、試験の結果が悪くても気にしない。
資格試験の合否結果を調査していてわかったのですが、実はエントリーレベルのCCNAやITパスポートでも結構な数の人が落ちています。それも数回落ちたりしています。「こんなの簡単だぜ」って言う人に馬鹿にされるのが嫌だから落ちた回数は言わないか、一発で受かろうとする人が多いのです。一発で受かるように頑張ればいいのですが、頑張るケースよりサボってしまうケースが多いと思います。また受験回によって多少の相性もあります。相性の良い回にあたればいいですが、外れ回で、後もう少しのところで外れを引くと言ういやな目に会うかもしれません。

したがって一発合格にこだわらずに複数回受験をした方が短期にいい結果が出ると思います。

Comments

Secret

Profile

neetstar

Author:neetstar
楽をするための方法を
常に考えてます。
詳しいプロフィールは
こちら
このサイトは自分の個人的な記録メモです。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.