スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CCIE Routing and Switching Certification Guide, 4th Edition その5

ぬお、計算がだるくてさぼってしまった。あさってあたりカフェ行ってここ一気に終わらそう。
inclusive summary routesとexclusive summary routesの違いは分かったけど、どんなときに使うかのメリットが今一よく分からん。


CCIE Routing and Switching Certification Guide, 5th Edition 122/984

にほんブログ村 就職バイトブログ ニートの就職・就職活動へ
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

CCIE・・・無資格には雲の上の存在です。

ブログの話題とは少しズレるのですが、海外就労について質問させてください。現在、WISCさんはアジア圏内でご活躍とのことですが、海外就労の際にITエンジニアでも学歴が大きなポイントになってくるでしょうか?調べていると東南アジアなど他アジア各国は日本よりも学歴社会だと知りました。もしよろしければアドバイス頂けないでしょか?

Re: No title

TOMMYさん。
そうですね。学歴社会です。VISAの等の更新にも影響します。
国によっては専攻した学部によっても就職に影響したりもするそうです。

自分はたいした大学を出ていないので、日本だと就職してしまえば特段有利にも
ならないのですが現在の仕事と専攻少しが近いのと、大卒扱いになるので
VISAの更新が多少楽になります。

10年ほど前まではニュージーランドか、オーストラリアの会計大学院をでてそのまま
就職と言うのは結構王道コースだったのかもしれません。旅行中にそういう人にあいましたし
リアルの知人にもいました。その国の大学を出るとVISAや就職の関係で有利だったのかもしれませんね。

ちょっと調べたことはないのですが、中退した場合単位を引き継いで編入とか、もしくは留学とかは
難しいのでしょうか?

No title

アドバイス有難うございます!!!

職歴や経験を無視して、学歴のみで判断するのもなかなか厳しいですね・・・。そこら辺を考慮してくれる日本社会で生まれた自分はまだ恵まれてるのかなと最近思います。労働環境は恵まれてないでしょうが、若ければ未経験でもチャンスをくれるところは良いところですよね。

オーストラリアやニュージーランドなど大体の先進国はその国の大学を卒業したら1年の滞在ビザが貰えると聞いたことがあります。その間に仕事を探してくれということだと思うのですが、見つからないで自国に帰る人も多いと聞きます。

自分が前に在籍していた学部はとても特殊だったため単位を普通の大学では移行しづらかったんですよね・・・。それと卒業するまでに+3年くらいかかってしまうことも諦めざるを得ない要因でした。夜間でも良いから1から入り直そうかと思いましたが、そうすると年齢が20台後半になってしまうので、若いうちから経験を作るために働くという選択肢しか残されていなかった状態でした。

最近、タイを含めた東南アジアの就職にも凄い興味があって調べていたのですが、学歴が凄いネックになることを知りショックです・・・。とくにシンガポールは厳しいらしいですね。タイなどは高卒でもビザが下りるには下りるらしいですが、学歴社会なので大卒の部下をまとめることが難しいと聞きました。学歴って本当にどこまでも付きまとうものですよね・・・。

働きながらだと資格や業務の勉強で精一杯で大学生やる時間は難しい気がします・・・orz 
もしチャンスがあったら留学とかしてみたいです・・・。でも、年齢を考えると厳しいのかな・・・。

No title

TOMMYさん、
なるほど、移行が難しいのですね

海外は新卒至上主義ではないので30手前でそれなりの学歴と経験があれば、(もちろん専攻と職種がある程度あっていないと不利ですが)まだ何とかなりますよ。特に不足している職種だとより有利です。
日本の会社は入ってしまったり、経験があると学歴が関係ないのでそこは有利ですね。

20前半ですと親にそれなりの財力があれば海外っ学習ルートを使って通常の道に戻るのが可能っぽいです。

私の知人は20前半までぶらぶらしていたのですがこのルートを使って脱出しています。

ただこのルートは自分は親のすねが既になかったので利用できませんでしたが、専攻学科が職種に近かったというメリットがありました。

私がtommyさんの立場なら親の金があれば留学して大学もしくは大学院を目指します。
親に余裕がなければスキルのつく仕事をしつつ資格取得します。ただこの場合大卒がないのは海外で働く場合はすこし不利ですね。

No title

海外の大学留学も考えた時期があったのですが、向こうの大学って日本みたく卒業が4年って決まってないらしいのでズルズルと何年も大学生やるハメになりそうで怖くて踏みとどまってしました。十代とかなら何も考えずに選んだんでしょうけど・・・。
でも、日本である程度職歴を作った後に海外の大学に留学するのも有りなのかって最近考え始めました。日本で積み上げた経験も絶対に武器になると思うので。

留学するなら欧米圏だけではなくて、アジア圏も選択肢の1つとして考えても良いのかなって考えています。中国語とかアジア言語は確実にこれから重要になってくると思うので。

ひとまず働き始めたばかりなので、仕事と資格取得に集中しながらこの先をことを決めようと思います。

またアドバイスお願いします。

Re: No title

> でも、日本である程度職歴を作った後に海外の大学に留学するのも有りなのかって最近考え始めました。日本で積み上げた経験も絶対に武器になると思うので。

これは可能性としてはありかもしれません。日本はなんだかんだいって技術レベルが高いです。良い経験を積める職がある可能性も高いです。また、職歴ももちろんVISA用件に勘案されます。ただし近年X年の職歴として制限がつく可能性もありますので、その可能性も調べた方がいいと思います。

> 留学するなら欧米圏だけではなくて、アジア圏も選択肢の1つとして考えても良いのかなって考えています。中国語とかアジア言語は確実にこれから重要になってくると思うので。
>
これについては一部反対意見を述べます。理由は以下です。
現在の世界構成は大航海時代から始まる欧州勢の世界支配を基軸に構成されています。つまり覇権国は変更されても基本的に欧米の王侯貴族の流れを汲むものが世界の頂点に立ちます。現在の覇権国家はイギリスから流れを奪ったアメリカです。その言語である英語は世界中で話されています。アジアを例にしてもエリート層は必ず英語を話しますし、アメリカ、イギリスの一流大学に進学します。ですので英語さえできれば基本的に現地のそれなりの地位の人との会話は英語で可能なはずです。現地の言葉を習うのは相手から親近感を持たれたり、現地の可愛いおねーちゃんと仲良くなるためです。何故なら彼女たちは英語でのコミュニケーションに支障が出ることが多いです。(私も中国語を勉強していますが完全によこしまな目的です。深入りはしません。)
アジアに現地留学して良いのはコネができることでしょうか。ただし留学先が英語で授業が行われない場合は
現地の言語を取得するはめになり数千時間を費やすことになります。TOMMYさんの言語適性にもよりますが、これはかなりのオーバーヘッドになるのではないでしょうか。これならば英語+技術に時間を割いた方がリターンは大きいと思います。アジアに現地留学するなら英語プログラムがある大学か、SGもしくはHKの大学がいいのではないでしょうか。


> ひとまず働き始めたばかりなので、仕事と資格取得に集中しながらこの先をことを決めようと思います。
そうですね。目先の簡単な資格CCNAとかTOEIC600とかを目指すのもいいと思います。それさえとっていない人も多いので頭一つ浮くはずです。
Profile

neetstar

Author:neetstar
楽をするための方法を
常に考えてます。
詳しいプロフィールは
こちら
このサイトは自分の個人的な記録メモです。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。