海外滞在者の日本に対する目

海外滞在日本人の日本に対する感情は単純ではない、自分の祖国である日本、自分を許容しない日本、世界の先端技術を持つ日本、すばらしいサービスを提供する日本、とても人の働く環境とは言えない日本。海外滞在日本人、特に駐在員でない人は日本に対して愛憎混じり合った感情を持っているものも多いと思う。

実際私は日本にいた頃、いくら努力しても受け入れられない、未来などない自分の境遇に日本に対して憎しみを抱いていた。しかしながら、海外にでて日本の技術力の高さ、教育の高さ、サービス品質の高さを改めて認識した。

自分の今の感情としては愛も憎悪もなく、ただ自分の生まれた国でいろいろな品質は高いが、働くのはしんどいといった所だ。

最近、日本の労働環境についてある人と話していたのだが、日本はエリートと最貧民以外は手厚い保護はないといったら、日本に対して穿った見方をしている、日本が嫌なら日本と関わる仕事はするなと言われた。

確かに、自分は海外にいながら日本語で飯を食っている部分がある。英語だけでも飯は食えるだろうがこんだけの収入を得るのは難しいだろう。そういった意味で日本に関わってビジネスをしているのは事実だ。

しかしながら、実際彼のようなエリートをのぞいて日本で生きていくのはかなり難しい、これは批判ではなく事実だ。自分も短くない期間それなりに努力したのだがどうしようもならなかった。知人でもほとんどまともに生活できてるやつは公務員、上場企業ぐらいに限られてる。

どっちにしろ労働条件の話はかなりセンシティブな話題だ。話すときは注意した方がいいな。

Comments

Secret

No title

CCNPや高い英語力を持つWISCさんが外資系企業で認められたことは当たり前の事だと思うし、むしろ実力や能力以外を重視する日本社会がおかしいと思います。労働環境だって人間らしさとはかけ離れてる気がするし・・・。正直、この社会に違和感を感じない人の方が僕はおかしいと思います。

だから絶対に将来は日本以外で働きたい・・・。人間らしい生き方ができる国で生活したい。そのためには日本で努力しなければならないでしょうが。

No title

儒教システムを使っている日本企業は道から外れると厳しいですね。日本企業の文化と言う社会システム自体は簡単には変わらないので、こちらが変わってシステムの穴を突いていくしかないですね。

私やTOMさんのような考え方の人間が増えていくと「日本」自体も徐々に変わるかもしれません。
Profile

WISC

Author:WISC
楽をするための方法を
常に考えてます。
詳しいプロフィールは
こちら
このサイトは自分の個人的な記録メモです。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.