面接について

CCIEはめちゃくちゃサボりまくってました。最近景気が上向いたのか書類通過率が少しだけ上がったのと海外にも書類を出していくつか通過したので電話面接をした。


いくつか面接を受けて、気づいたことがある。一つは日本の企業と海外企業との差。
日本企業はモチベーションだとか、人格だとか趣味だとかそう言った事について聞かれることが多い。
一方外資系の企業だとそういった事はほとんど聞かれずひたすら技術系の質問が続く。

これらの二つの違いは仕方ないと思う。日本の会社は強烈な結束のもと働いている。
かなりの理不尽やストレスに耐性が無いようでは勤まらない。
一方外資の場合はできるか?できないか?をとわれる。できなければ退場させられる。
(最も自分の場合は両方の悪い部分を取った契約社員という状況で数年間働いていますが)

したがって外資系の企業で適当にレジュメを書いても面接の時にきちんと説明できないとマイナスになる。(逆に経験無くても知識として持ってたらいいのかな?)

又英語面接を受けていて指摘されたのだが「自分の英語能力はかなり劣っている」という事。他のHPを見てても分かるのだが、TOEICで730程度だとかなり厳しい。860は最低限ほしいところ。

Profile

WISC

Author:WISC
楽をするための方法を
常に考えてます。
詳しいプロフィールは
こちら
このサイトは自分の個人的な記録メモです。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.